忍者ブログ
PBW銀雨PC 御鵺つづらの日記です。
[11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 わたしは前線で声楽杖という棍棒を振り回す。
歌っているより殴っている方が多い。
衝撃波を発するより、相手の防御をかい潜って一撃をねじこんでいる。

それでも、間違いなく、歌うたいである。

 …思えば。
少し前は、忍者ではなく歌うたいだ。と、主張しなくてはならなかった。
後ろから、燕刃刀を振り回し、使うアビリティはブラストヴォイスばかりだった。
そうだったのは、燕刃刀が好きだったからだ。
手先が器用であればあるほど、あの武器は真価を発揮する。
単騎でGTに入ったとき、十分な距離をとってからブラストヴォイスで
薙ぎ払い、そのまま距離をとりつつ燕刃刀でしとめていくのは非常に合理的ともいえる。

 やがて、できることも多くなる。
この声が攻撃だけではなく、人を癒すことを覚えた頃。
私は、武器を声楽杖に持ち替えた。
チームの計算に入っている自分の能力を全うしないうちに、倒れる訳には行かないから。
歌以外のアビリティもきちんと覚えた。
 敵の一撃が時には戦闘不能になりかねなくなった頃。
そして、歌がときとして力量の壁に阻まれることもあることがわかった頃。
わたしは、防具をHP重視に替えた。
届かないならば、届くところまでいけばいい。
この声を前線へ。
必要とする誰かの耳元で歌えるように。
そのためには、倒れることは許されない。
最前線で持ちこたえられる頑丈さがいる。

 わたしは前線で声楽杖という棍棒を振り回す。
歌っているより殴っている方が多いが。
それでも間違いなく、歌うたいである。

私が前線に立っているのは、歌を歌い続けるためなのだから。




…そういう訳なんだから。
ジャージでいいの。
これが一番丈夫な割に補助容量もおっきいんだから。
回避ボーナスもついてるし、今はこれが一番理にかなってるの。



 明日はGTに行って、次にレベルにあがったら着られる防具を探そう。
そうしよう。






PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログペット
最新コメント
[04/11 BlogPetのはねはね]
[11/23 真視・御鏡]
[10/18 岩崎燦然世界]
[10/15 BlogPetのはねはね]
[08/22 BlogPetのはねはね]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
御鵺 つづら
年齢:
24
性別:
女性
誕生日:
1993/01/15
職業:
高校1年生
趣味:
絵画
自己紹介:
 トミーウォーカーのPBW・シルバーレインに参加しているPC、御鵺つづらの日記です。
シルバーレインがお分かりにならない方の閲覧はご遠慮願います。
御鵺つづらは架空の人物であり、実在の事象とは一切関係ございません。
ブログ内検索
リンク
フリーエリア