忍者ブログ
PBW銀雨PC 御鵺つづらの日記です。
[51] [49] [48] [47] [46] [45] [44] [43] [42] [41] [40]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

自分の胴をわしづかみに出来る鬼の一撃を横腹に食らったときは、さすがにもうだめかと思った。
「……」
鬼だって渾身の力でどついてるのに、かすり傷でけろっとしてるちびちゃいの見れば、
意地にもなるだろう。
「…………」
石化も食らい、炎に焼かれ、凍らされ、
四方八方鬼に囲まれ、どつかれまくり。
幾度も地べたに転がり、立ち上がり。
医療班に引きずられて、自陣に転がされた後、10分後にはまた走り出し。
月琴は殴打するものではなく、敵の腕をそらすために振るわれ。
膝を折ろうとする者に、強迫の癒しの歌をわめきたて。
戦場で、わたしは人を死なせはしなかった。
わたしは、わたしを死なせはしなかった。

そもそも、ディフェンダーに攻撃を期待してはいけない。
殴られるのが仕事。
その隙に削ってもらうのがポジションの仕事なんだから、任務全うしてる。
全うしてますとも。
怪我もなく。ああ、怪我もなく。
わざわざ好き好んで、激戦区で鬼の前に身をさらし。
命知らずの真似事をするくせに。
神経質に防具を固め、生きて帰るよすがを周到に用意。
そもそも、その口が歌うのは仲間ばかりか、自らも癒す歌。
そして、ポジション効果も発動してるわけだから。
怪我などする訳ないでしょう。
(自己暗示だ。怪我はするときはする)
怪我などする訳にいきません。
(自己暗示だ。するときはする)
玉砕を許されていない身なのだから。
生きて、帰ると約束してきたのだから。
(自己暗示。それで声が出るのなら、いくらでも自分を騙してやる)

日曜日に戦争だった御鵺つづらは、今日も興奮冷めやらぬまま、所属結社を走り回り。
ようやく、今、止まったのだ。
「帰ってこられた」
そういって、ようやく、にっこり笑った。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログペット
最新コメント
[04/11 BlogPetのはねはね]
[11/23 真視・御鏡]
[10/18 岩崎燦然世界]
[10/15 BlogPetのはねはね]
[08/22 BlogPetのはねはね]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
御鵺 つづら
年齢:
24
性別:
女性
誕生日:
1993/01/15
職業:
高校1年生
趣味:
絵画
自己紹介:
 トミーウォーカーのPBW・シルバーレインに参加しているPC、御鵺つづらの日記です。
シルバーレインがお分かりにならない方の閲覧はご遠慮願います。
御鵺つづらは架空の人物であり、実在の事象とは一切関係ございません。
ブログ内検索
リンク
フリーエリア